飼い犬の健康管理は飼い主の責任!犬種に相応しい服を選ぼう!

飼い犬に服を着せる目的と選び方

ペットとして飼育されることが多い犬は用途に合わせた品種改良が進み、現在では犬種によって体形や容姿が大きく異なります。特に室内で飼育する小型犬は体が小さい他、体毛が少ない犬種も存在します。体毛の少ない小型犬は体温調節が難しく、外気の影響を受けやすいので飼育の際は注意が必要です。他の犬種では快適に過ごせる気温でも小型犬の犬種によっては体温の低下を引き起こすことがあるため、保温を目的とした服の着用が不可欠になります。飼い犬に服を着せる場合、着心地の良し悪しを飼い主が正しく判断することが大切です。生地の材質や寸法を慎重に確認して、保温性の高さと動きやすさが両立している服を選ぶのが飼い犬を労わるための心得です。

犬の洋服を正しくお手入れする工夫

犬の洋服は人間の衣類と同様に清潔な状態に保つことを心がけます。汚れた洋服を着せると悪臭や寄生虫の感染などのトラブルに見舞われるので、こまめに洗濯を行って綺麗にすることが大切です。その一方で犬は嗅覚が発達していることから、洗剤の匂いを不快に感じてしまうことがあります。犬の洋服を洗う際は匂いの無い専用の洗剤を使うことを心がけます。また、洋服にほつれや破れが生じると着用時に転倒する危険があります。殆どの犬は活発に動き回るので、補修を行ってもすぐに傷んでしまいます。そのため、少しでも傷みが生じた場合はすぐに新しい洋服に交換する必要があります。飼い犬の体温を一定に保つためには常に洋服を着せ続けることが大切なので、複数の洋服を用意しておくのが飼い主の責務です。

犬の洋服を購入する際には、専門店へ足を運ぶ以外に通販を利用する方法もあり、デザインや機能性などを比較しながら購入できます。