屋上緑化は、人にも建物にも環境にもやさしい

屋上緑化はメリットがたくさん

屋上緑化のメリットはたくさんありますが、まず一つ目に挙げられることは、土地の少ない都会で、緑を楽しめる癒しの空間が確保できるということです。植物の力で、二酸化炭素が削減できたり空気が浄化されたりという効果が期待できるということもあります。また、断熱効果に優れ、特に夏場は屋上が高温になることを防ぐため、冷房の効率が良くなり省エネルギーに役立ちます。あわせて都市のヒートアイランド現象の緩和にも貢献できます。他にも、酸性雨や紫外線から建物を守るという役割も果たします。

技術の進歩で可能になる屋上緑化

屋上緑化といってもその内容はさまざまで、木を植え花壇を作りおしゃれな庭園を作ることもできるし、水田や畑を作ることもできます。本格的にするには、屋上の防水仕様の状態を確認するなど土を入れられる環境を整え、また、建物自体が耐えられる重さについても確認しなければなりません。給水や排水の設備も必要です。このように屋上があるから緑化できるかというと必ずしもそうとはいえないことがありますが、さまざまなケースに対応した屋上緑化を可能にするアイディアが発表されているので、チェックしてみましょう。
たとえば、近年はトレイに入った芝生を並べるだけなどといった簡単な屋上緑化の方法が登場しています。土を使わないものもあり、軽量で建物への負担が少なく込み入った工事などもいらないので、気軽に始められます。この方法では芝生や小さな草花程度しか対応できませんが、屋上緑化の恩恵を得ることは可能です。

屋上緑化は建物の屋上に植樹を行うことで過熱を防ぐ効果があります。また、鳥や虫などの小動物が繁殖する場にもなるので、地域の環境が自然に近い状態になるのも特徴の一つです。